生きてるだけでありがたみ

推しくんがずっと好きな仕事をしていられますように

はじめに

ここは、いい年をした若手俳優及び舞台と漫画のおたくBBAが、最推しくんとその周辺や元推したちをゆるゆると愛でる推し活日記です。よそのSNS等で書いてることと重複したりもしてる為、知ってる人が見たら私が誰か一発でわかりそうですがそこは空気を読んで貰えますと幸いです。

以下ブログの説明です。

 

続きを読む

今年の舞台が出揃いました(ほんとに?)

こんにちはわたしです!

皆さん推し事頑張ってますか〜!あなたの推しは今日も素敵ですか〜!!(コーレス)

 

 

今日はサクッと表題通り。今年の頭に推しくんが言える範囲でそっと匂わせてた、「夏までに何本秋に1本冬に1本…」ってやつが、昨日をもって出揃いました。早えーな!!まだ四月だし令和にもなってないが!?!?!?

これが平成最後の解禁かな〜どうかな〜。いやコソコソと(コソコソ言うな)舞台以外の仕事もやってるからまだわかんないですね。そんな推しくんは今海外にいます。場所は不明ですが時差と街並みの予想ではイタリアかスペインかな。現地に詳しい人が見たらわかりそうなくらいには背景隠してないんですけど。

これで今年中の舞台は打ち止め…なはずなんですが、まあ〜言うてあの人去年も年明けてからぶっこんだ作品とかあるんで全面的には信用してないですけどね!!!!!!!!!!!誠実な人柄だと思っているけど、現場の予定だけで言うなら推しくんは狼少年なので。去年も確か年頭には「今年はゆるゆると仕事する」って言ってたっけね…。

とは言え、去年はなかった個イベもやる宣言してるし、地方公演もあるそこそこ長期の舞台はもう物理的にこれ以上入る余地はないと思う…ので、ひとまず安心です。いや去年しゃばけの隙間に火花突っ込まれた事忘れてないけどな

 

しかし年内にニートが来るとは全くもって予想してなかったので、明後日の方向から突然殴られたみたいに昨日は半日フラフラしてました…そして公式と推しくんのツイッターを何度も見に行っては50回くらい「ほ、ほんとにやる…」ってなってました。

松を年内にってのを予想してないにしても、松のなんかイベントとかがあったら多少新しい解禁あるかも!って身構えるじゃないですか。だから喜劇リリイベの日とかは(落選しましたけど……アニメ●トはクソ)それなりの覚悟があったんですよ。でも、アニメ版の、原作の劇場版の舞台挨拶だよ?確かにステの長男ズが召喚されるのが決まった時は「なんでよwwwwww」って言ってたけどさ、まあ『松だし』というなんでもあり感が大前提としてある公式で、興行収入的にそろそろ厳しくなり始める頃のテコ入れという意味で別にそこまで変な選択ではなかったから、完全に油断してたんですよね…。あまりにもノーガードだった。

数日前に某刀のミュに右ストレートを食らった友人を「かわいそうに…」と労っていたら他人事じゃなかった。

 

それにしても推しくんの年頭の言葉を信じるなら、これで今年は舞台はマジで2.5しか出ない事になります。

うーんそうか〜……。

推しくんの2.5次元のお芝居も大好きだし、推しくんは自分の受けたキャラをすごく大切にして愛してくれるからキャラ厨原作厨としてもいつも安心して楽しみに出来るし、それはそれでとっても楽しみなんですけど。でも、もう今やすっかり役者・舞台俳優としての推しくんが好きになってしまった人間としては、一年間一般作に1本も出ないのは寂しいな〜と思う。去年結構そういうお仕事が多くて楽しかっただけになおさら。

去年色んな舞台を見てきて思ったんですが、推しくんが脚本を読み込んで自分なりに解釈し、イチからキャラクターを構築していく過程がとても好きなんですよ。その時に垣間見える苦悩や試行錯誤も含めて。多分本人はそういう苦労話は後からしかハッキリ言わないしあまり気付かれたくない部分だとは思うんですが…変な話、ああいう部分を感じられた時こそ『生きてる人間を推している』と実感出来る感じがします。若手俳優というコンテンツではなく、悩んで成長する一人の人間を応援し、その結果にお金を出している。そういう実感。オレ、生きてる!(お前ではない)

もちろん所謂コンテンツとしての「2.5次元舞台」でない作品でも原作があるものは多いですし、そうでない完全オリジナルでもキャラクターはあくまでキャラクター、たとえほぼアテ書きであろうとも「作られた架空の人物」であることには変わりないです。それでも2.5と違って、その人物の役作りの過程において推しくん本人の解釈や推しくんという人間そのものが介在する部分が多いのが、2.5とそれ以外の違いだと思います。2.5だって決まった時には「自分なりの誰々を演じます」なんて言いますけど、結局は原作のキャラありきでそこに寄せて行く形が理想とされていますし、キャラ付けに作り手や役者の自己解釈が入りすぎていると上手い下手関係なく原作厨に批判されますよね。それが良いとか悪いとかではなく、2.5とはそういうジャンル、それが求められているお仕事なんだと思います。

あくまで役者の推しくんのお仕事として見る時に、やはり2.5次元とそれ以外は決して同じものではなく、それぞれに楽しみどころは違います。だからどっちかだけしか見られない時期が続くと寂しいな〜とは思う。

あ〜〜だからクロガラスにこんなにハマッたのかな〜!あれは設定とかも全部単純にめちゃめちゃ好みっていうのもあるんですが。いずれ感想文を書きたい…円盤届いたらね!

 

それにしても、まだまだチケット戦争は続くよって感じですね。しんっっっっっど!

とりあえず今は目先の劇団シャ…なんだけど…。劇シャ…は公式先行が最速で、キャス先がそれよりだいぶ後に来てしかもそれぞれ特典が別なので振り分けも含めて読みが難しいんですよ……!ここ最近の作品は観るだけなら余裕はありそうだけど、プレ席の倍率どんなもんなのかなあ…。またお参り行かなきゃ…

平成から令和へ

こんばんは私です!

 

 

推しの舞台、某ロイヤルな2.5次元ミュージカル。無事初日と二日目を見届けて地元に帰ってきた…んです、が。

推しの演じるキャラの誕生日が三日目だったことを私当日になるまですっっっかり忘れてたんですよね……。朝気付いてあ〜〜これ絶対お祝いするやつだ!って思ったら案の定だったし……正直今回は座席選ばなきゃチケ全然余ってるので、二日間見るんならもう1日残って土曜も見ればよかったじゃん!!!!って自分にキレたんですけど、まあ仕事そこまで休めないし、そもそも今回公演数少ないから(明日がもう東京楽)それで土曜マチソワしたら今度は「ここまで見るならもう全通で良かったじゃん!」ってなりそうなので…そこはちゃんとけじめを付けたいからまあこれで良かったかな。

金もヒマも有り余ってるわけではない真っ当な地方在住社会人なので、我慢が効かずにだらだら全通するようなことは避けたいなと思ってるんですよね。もちろんどうしても無理したい時はするし、去年の夏みたいに色んな条件が重なって全通が叶うならそれはとても喜ばしいことなんですが。

あくまで自分の人生は自分のためのものですし、いいトシなので推し事とのメリハリはちゃんと付けておきたいなと思います。今あまり無理して末長く推せないのであれば、それは意味がないと思うし。私はね。

 

と、まあそんな話は置いといて、舞台はとっても楽しかったです!

ただエピソード的にはやっぱり初演より弱かったなというのと、初演以上にガチミュージカルって感じだったので初日はいまいち入り込めなくて。一度初日に通しで見て流れを理解した上で見た二日目マチネが(席がドセンだったのもあるとは思うんですが)歌の歌詞もすんなりと頭に入ってきて、すごくお話に入り込めて楽しめたし感動もしました。めちゃくちゃ泣くようなシーンはないんですが、要所で何度かほろっと涙が出たのも二度目の観劇だったなあ。反面エーステはとにかく初見でしぬほど号泣したので、やっぱり作品によって受け止め方も色々だなあって思います。

まあそこまでグッと来なかったのは、推しが主演とは言え完全に傍観者のポジションだったからってのもあるかも。今回は王子たちの絆と成長がメインの話だったので、推しは完全に見守り助言する役回りだったので、推し関連でそこまでエモーショナルな展開はなかったんですよね。たまにはこういうほっこりしたお話もいいなとは思うんですが、個人的には通い詰めるタイプの作品ではないなと感じたので、元々少ない公演数のちょうど半通でやっぱり自分的にちょうどいい回数だったかなと思います。

神戸公演はとても作風に合った劇場ですし、一番仲良しの親友と連番だし前方席も出てるのでとっても楽しみです!

 

 

  ✳︎  ✳︎  ✳︎

 

 

さて、今回の本題は元号のお話!

 

平成も残り15日ぐらい…でしょうか? ふと思ったのですが、皆様の 「平成最後の観劇」 と 「令和最初の観劇」 って何でしょうか?

平成最後の観劇・令和最初の観劇 - 前略 推しさま。

 

いつも楽しく拝読しているめるきーさんのブログより引用させていただきました!余談ながらめるきーさんの推しさん・推しちゃんとは私の推しくんも関わりが深いのですが、はてなブログを読んでて自分の推しと特別仲が良かったり関わりが深い方を推してる人を見掛けると、なんか勝手に親近感がわきませんか?そもそも私は別に推しくんのなんでもないんですけども…www

ババアなので人生で元号が変わるのはこれで二度目なのですが、まさか一人の人間を推して参りまくっている時に元号が変わるとは思いませんでした。いや昭和天皇が長命でしたので、陛下のご年齢とか考えたら生きてるうちにもう一度元号が変わるのは全く有り得ない話ではなかったんですが…でもこんな平和な感じでお祭りっぽく変わるとは、平成最初の時を知っている世代としては感慨深いものがありますね。

平成最後の観劇は、私はちょうど今やってる作品の神戸の大千秋楽になります。平成最後の観劇を推しの主演舞台の大千秋楽で締められるってなんかすごいな、こういうのをエモいっていうんだな!

5月は推しくんは舞台ないので、令和最初の観劇は黒ステかな?推しの作品ではないけれどこれもまた平成で私が一番思い入れの深い二次元ジャンルの最後の舞台化作品なので、令和最初の観劇が黒ステというのも何だか喜ばしい縁を感じます。

ちなみに令和最初の『現場』は黒ステ観劇の前日に推しくんの出演するイベントがもう確定しているのです〜それも嬉しい!

 

あとちょうど先日ツイッターでも話してたんですけど

 

 

そうなんですよ!今月書く最後の手紙が、平成最後の推しへの手紙になるんです!これ結構悩みませんか?手紙を入れるタイミング、本人の手に渡るタイミング…私は全ての現場で手紙を入れるタイプではないので(最近はわりとマメですが)どこで手紙を入れるか、それがちゃんと平成中に読んでもらえるのかも含めて「平成最後の手紙」をいつ書くのか悩む。

と言ってもうちの推しはよっぽど主催がアレなイベントとかじゃない限りは基本当日受け取りなので、郵送するよりは現場で入れる方が確実かな〜と思っています。上記で平成最後の観劇は今の舞台の大楽と書きましたが、実はそのあとにもう1本現場の可能性があるんですよね…。大楽現地入れる時は必ず手紙は入れる派なのでそのあとに現場がなければそれを平成最後の手紙とすればいいんですが、その後にまだ当落のわからないリリイベがあるので…普段ならそのような単発のリリイベでは私は手紙入れない事の方が多いんですが、平成最後の現場ってなるとさすがに感謝のお手紙書きたいな〜って思うので、まだどのタイミングで書くかは未定です。

普段はほぼ下書きなしの一発書きの手紙、しても箇条書きのメモ程度なんですが、『平成最後のお手紙に絶対書きたいこと』だけは珍しくきちんと下書きしてあります。時代が変わるこの時だからこそ伝えたいことって意外とあるよね。

 

過去に推してきた人もたくさんいるし、なんなら今の推しくんをこの先一生一推し続けるかもわからない。けれど、この『元号の変わる瞬間』に私が推していたのは、今の推しくんたった一人だけなんですよね。これは未来永劫変わることはないわけで、そういう意味でこの先何らかの理由で離れることがあったとしても、きっと個人としては一番忘れられない推しになるんだろうなと思う。

 

私は昭和生まれのしがないババアです。今後はみっつの元号を渡って生きたことがステイタスとなっていくのだと思います。そんなババアが、平成元年に生まれて、まさに平成という時代を丸々生きてきた上で俳優として舞台の上に立ち続けている推しくんを、令和の世でもマイペースに応援し続けられるといいなと思います。

現場前ハイテンション

こんばんはわたしです。

 

 

さて10月の予定が決まりました。おめでとう!ワーパチパチパチ

ぶっちゃけすっかり劇団シャ…くんの存在を忘れていたので(まあ解禁まではキャス変の可能性も0ではなかったけど)、情報解禁されてそういえばそれがあったわ…!って普通にビックリしてしまった!w

4月に10月の舞台の先行かあ……って思ったけど、去年も3月に11月末の舞台の先行始まったんだった。最近の2.5って、やたら早い時期に情報解禁と同時に先行開始するやつとギリギリまで肝心な情報が出ないやつの両極端じゃないです?(リ某ステくんの方を見ながら)

 

本人は解禁済だった舞台以外は秋に一本、冬に一本と言ってたので、これで末解禁で存在だけわかってる舞台は今年はあと1本ということになります。でも7月末からの舞台は長く見積もって1週間程度だろうから、本人の言葉を信じるなら秋まで2ヶ月丸々舞台がないんですよねえ〜…秋冬も一本ずつとか…推しくんに限ってそんなことある……?(もはや狼少年)

 

と、先のことは置いといて。そんなこんなで明日もう初日だってさ!それもびっくり!推しくんは明日初日だから早寝しますって9時半くらいにツイートしてた!かわいいな!!幼児か!?

直近の現場が接触だったので最近推しロスがすごくて、年甲斐もなくエーンさみしいよ〜次推しくんに会えるのいつだろ…って夜泣きしてたけどいうて2週間も経たずに現場でした。それはそれで早ええな!?もうちょっと余韻に浸らせて!?って気持ちです。(どっちなんだよ)

相変わらずのク●運営にとって前方席とは一階席全部のことだったり、案の定箱でかすぎてチケ余ってたら前回あれだけ騒いだ本人確認のホの字も匂わせないし、53種ランダムブロマイドとか繰り出してきてるけど、なんだかんだ大楽以外はそこそこ良席が引けたので私は元気です。そんなわけでまだチケットありますのでよかったらTDCに来てみてね!前作見てなくても原作知らなくても多分そんなに問題ない内容だと思いますので…

 

あと近況というかその後の現場の話をしますと、「そんなに通うつもりは全くないけどとにかく全然当たらないという事態は避けたい」という前提で行けるとこ全部申し込んだら全部取れてしまったので、なかなかに地獄のスケジュールになっています。これ何回目だよって感じなんですよね!3回目です!

私ね、ゆるおたなんですよ。いや全然ネタとかそんなことないでしょ待ちとかじゃなく魂はゆるおたのつもりなんですけど、まあ定期的にこういうことをやらかしたりするせいで周囲にはガッツだと思われがちです。ゆるおただからめちゃくちゃ多ステを望んでるわけではないんだけど、一つの作品につき3公演くらいは絶対に行きたいというスタンスなので、とりあえずその3公演のために全力を出してしまったらたまにその全力が勢いあまりすぎて死んでいるだけです。取れたら流せない性質だし、自分で取った分はダブり以外は極力自分で埋めたい性質なので…結果的に何公演も通う羽目に…。

でもほんとこればっかりは読めないからなあ〜!

今の所幸いファンになってから全くご用意されない舞台には一度もぶち当たったことはないんですが、あくまで善意の友人たちの御協力があってこそで、私1人だったら入れてないかもなという作品はいくつかあります。エーステなんてマジで結果オーライで予定より通うことになっただけで自垢では一切当たってないんで、お手伝いした春単独の惨状を思うとこの先どうなるかわかんないですからね…。よっぽどの作品じゃなきゃ、見るだけなら当日でもなんとかなることは経験上わかってるんだけどどうにも心配性で…先にチケット取ってないと不安…。

私は転売屋はもちろん知らない人からの譲渡も極力避けたい派なので、可能な限り自分か、本確ないとしてもせめて身内レベルの親しい友人の範囲で当てたい。ので、これからも明らかに楽勝そうな現場以外は全力で行くと思うし、そうして定期的にカードの支払いで死ぬと思います。

 

チケットといえば今年は何故かお手伝いのチケ運が異様に振り切っていて、激戦と言われてるやつことごとく当ててるし良席バンバン出してるんですよ私!これはマウントです(?)

まあ願わくばこの運を自分のチケットで発揮したいけどな!?でも今のところ本気で欲しくて落としたのは某旅番組のリリイベだけなので、まずまず今年は運が良い。まあリリイベは私の運以前にアニ●イトがクソなので…

 

どうでも良い話になってしまった。

そんなわけで明日初日なんでもう寝ます!たのしみ!

先週末の日記〜ファンという信頼

こんにちは、私です!

 

長丁場だったエーステも終わり、ほっこりまったり……する間もなく、先の週末は推しくんのイベントはしごでした。

土曜は声優をつとめたアニメのイベントからの、映画の舞台挨拶三回まわし。あけて日曜は朝から名古屋で写真集リリイベ、午後は大阪に移動して同じくリリイベ。私もその全てに参加したので、久々にマチソワ日以上のハードスケジュールをこなしました。

 

 

某アニメのイベントは、主演さんのファンのお友達と、アニメ決まった時からずっと念願だった推し共演&連番がやっと!!やっと叶って本当に嬉しかった;;;;

ほんと大好きなお友達と席を並んで、その子の大好きな人と推しくんが同じ舞台に立ってたり並んでるのを見るのってすごく好きです。基本的に推しの現場は一人で入り込みたい派なんでほとんどはソロチケなんですけど、でも『人として大好きな他担のお友達』は別格。同担歓迎さんがよく「同担とじゃないと見てるとこが同じじゃないから話しててつまらない」って言いますけど、私は全然違う人を追ってる、違う人を中心に見てる人と同じ作品の話をするのが大好きです。私は推しくん中心にしか見てないから、新鮮な視点の話が聞けるし、何より好きな子が好きな人に沸いてるのを見るだけでババアはホッコリするじゃないですか?(知らん)まあもちろん、他担と言っても基本的な応援スタンスや作品解釈がそこそこ合う人としか仲良くならないからっていうのは大きいと思いますが…。

主演さんにもすごく可愛がってもらってたようで、ほんとありがとうございますです。いや私が言うことでもないんだけどね?お前は推しのなんだって話ですけど。

でも特殊な舞台アニメ同キャスを除けば、初めてガチでアニメ声優としてのメインキャラのお仕事で、決まった時ほんと嬉しくて…ちゃんとこうしてはっきりアニメの声優としてのお仕事をいただけるって、特殊ケースとは言っても主演したアニメでの頑張りが認められたんだなあ…と思ってなんかすごい感慨深かったんですよね。しかもお友達の推しさんの初主演作品に華を添えられたってことがほんとに嬉しくて。でもまあフタを開けてみれば、なんか公式には変な売り方されまくって主演でもないのに客寄せパンダみたいな扱いで…声優さんたちにすごい申し訳なくて、いたたまれない気持ちになったりもしました。しかもやっぱあんま現場には参加出来なくてほとんど別録りだったみたいで。声優としてはポッと出の新人じゃないですか、なのに特別扱いみたいなさ、推しくんのせいでは全くないんだけどやっぱりだいぶ失礼だよなあ…せっかくのお友達の推しさんとの共演なのにこれであんまり良く思われなかったりしたらやだなあとモヤモヤするところは多々あったので、だからこうもっと距離感あっても全然不思議ではないんだけど、本当にすごく可愛がってもらってるなってのがイベントで伝わってきて嬉しかった。

ガチの声優仕事に関しては私個人は「推して」いるかというと微妙ではあるんですが、別に否定しているわけではないし何より色んな方面にそうやってご縁が出来るのは役者として本当に良いことだと思うので、これからも良いお話があるといいなと思います。あくまで私が推しているのは舞台俳優の推しくんなので、追いかけるかどうかは作品の好みと時間や金銭の余裕によるけども…。願わくば、また他の声優推しのお友達の推しさんと共演とかあると嬉しいな〜!

 

そのあとは舞台挨拶3回まわしでした。もうね〜ほんっっっっっっと推しの贔屓目とか抜きでめちゃくちゃ好みの作品なんで普通に近場で上映してたらめちゃくちゃ通ったと思うんですけど、なんで全国で二館の1週間限定やねん……。好みの近い友達にめちゃめちゃプレゼンしたいのでもう全国でやってくれないならさっさと盤を出せ!!!オラ!!!!って気持ちです。

舞台挨拶もほんと楽しかった〜直前のアニメイベントと違って水を得た魚のようにしゃべる推しくんがwwwww1日のうちでアウェーの現場のすがたとホームの現場のすがたの推しを見れる機会めちゃくちゃ貴重でしたほんとよかった〜!

 

 

明けて翌日は名古屋と大阪の写真集リリイベはしごでした。

推しを明らかにしている関係上接触の内容とかは詳細には書かない主義なんですが、グループ外してるので具体的内容はぼかしつつちょっとだけのろけていい?

実は今回ビックリするほどはっきり認知対応をされてビックリしたんですよ…(語彙)

いやお前認知されてたんじゃねーのかよって話だと思うんですが…そもそも遡ると、ハイタとかの流れ作業じゃない、数ターンの会話が発生する時間を与えられるタイプのガチ接触って多分私はこれで6回目…?かな?ループや同種イベの地域違いは1回と数えてるので微妙なんですけど、まあそのうち2回目で推しくんもしかして私の事覚えてるのか…?という反応をされて、3回目で確定したって感じでした。確定したと言っても、その後も露骨な認知対応みたいなのは別になくて…。まあそれは私も全く求めてないので良いんですけど、正直ずっと認知リセットされてるのか覚えてくれてるのか微妙だな〜くらいの対応でした。言葉の端々とかリアクションで初めましてのファンじゃないことはわかってますよ感はうっすら出してくるものの、それすら勘違いかもしれないと思うくらいにはそんなに「私だからこそ」みたいな対応は別になかった…と思うんですよ。たぶん。いや自分の事ってわからん上に自己評価低いから、実際ハタから見たらされてたんかもしれんけど…。

でもそんな推しくんが、なんか今回はわりとしょっぱなからいかにもな認知対応してくれて本当にびっくりした。しかもめちゃくちゃ沸くようなことも言ってくれたんです。沸くどころか私がもしガチ恋だったら即死だぞ!?みたいなことを言われたんですが、でも推しくんは私がそうじゃないことをちゃんとわかった上でのその言葉のチョイスなんだろうなって思うとそういう判断も含めてほんとこの人トーク力高いな…と感心してしまった。何言われたか書けないのにわかりづらくてすみません…w なんなら言う相手を間違ったら勘違いして厄介に変身されそうな内容の発言だったんですけど、それが私相手にならただの軽口になるってわかって言ってくれてるんだなっていうのがすごくファンとして信頼されてる…!って感じて、言われた内容そのものよりもそっちにめっちゃ沸きました。

「覚えているファンの一人」として、営業じゃなく嫌われてはないなってはっきり感じる対応で、でもあくまで推しと超年上のファンとしての一線は引いたまま過剰に踏み込んでこない感じが本当に心地よくて。すごく、あ〜私が求めてた推しくんとの関係性ってこれだよ…!という満足感を得た接触でした。個として覚えられるんであれば、あくまで良きファンの一人として好かれたいし信頼されたい。推しのおたくとしての私のひとつの終着点みたいなものが見えたな〜と。いや別に終着しても降りませんけどもwww

そんであとで反芻して気付いたんだけど、そういえば私今回接触で初めて一発目に名乗ったんでした。多分めっちゃ年上なのもあって推しくん的にもリアイベでの距離を測りかねてたとこがあったのを、名乗った事でもうちょっとフランクになってもいいんだと認識してくれたのかな…?って思うと、なんかいいトシしてあんまアピールするのもどうかなあって思って今まで名乗らなかったんですけど、思い切って名乗ってみて良かったなって思いました。(小並感)

 

ここ数日他にも色々あって、いますごく推しくんのおたくとして満たされてるのでこのまま次の舞台期間に突入したい!