生きてるだけでありがたみ

推しくんがずっと好きな仕事をしていられますように

はじめに

ここは、いい年をした若手俳優及び舞台と漫画のおたくBBAが、最推しくんとその周辺や元推したちをゆるゆると愛でる推し活日記です。よそのSNS等で書いてることと重複したりもしてる為、知ってる人が見たら私が誰か一発でわかりそうですがそこは空気を読んで貰えますと幸いです。

以下ブログの説明です。

 

続きを読む

リベンジと信頼

こんにちはわたしです!急に寒いですね!

でもバレンタイン前後には最高気温20度近くなるらしくて地球気が狂いすぎでは?

 

 

先日は推しくんのカレイベでした。

カレイベ!カレンダーイベントの略!!私が1stのおたくだった頃には無かった文化だったので、推しくんに出会って界隈に出戻り最初に「カレイベ」という単語を見た時はてっきり擬似デートみたいなことをするイベント(彼イベ)だと思い込み、最近の若手俳優界隈こっわ!!!!と思ってました。まあ実際、私の想像した彼イベみたいなことやってる人も中にはいますが…w

しかし2020年1月から始まってるカレンダーのイベントを!なんと今!!!その場でカレンダーもらってる人も結構いましたけど、私は結局年内に全て回収したのとAに備えて当日の積み増しはしなかったので、マジで無料で握手だけぐるぐるしてる気分でしたw

なんでこんな時期なのかってのは、このブログを読んでくださってる方や界隈のオタクは大体知ってると思うけど、こちら

korilakku.hatenablog.com

 

つまりタイトルのリベンジってのは、私がではなく推しくんがです(笑)

今回は完全に推しくんはミリも悪くないとはいえ、間の悪いことにインフルですっ飛ばしたイベントの振替が新型ウィルス騒ぎに直撃されるという不運でしたが無事開催できて何よりでした。もはや自分の交通費とかよりも推しくんのメンタルが心配なので中止にならなくて本当によかった…。

 

今回しょっぱなから挨拶の後に最初に話しかけようと「あのね、」って言った瞬間「はい!」ってめちゃくちゃじっ…と目を合わせて覗き込んでくるのでヒー!?ってなったんですけど、後でお礼動画で「目え見て話せて良かったなと思っております」って言ってて、ほんとそうだね!!!!!って思いました。(笑)めっちゃ見てたもんね!!!

推しくんはもとからわりと相手の目をちゃんと見て話すタイプではあるんですが、今回はほんとに今までにないほどガン見されたんですよ。最初は自分のインフルで延期になったのもあって過剰気味にサービスしてくれてるのかなあと思ったんですが(笑)よく考えたら推しくんはお顔オープンだけど客はマスク強制だったから、こっち側はほぼ目しか見えてないんですよね。それが大きかったのかな?目を見ないととにかく相手の表情がわかんないですもんね。最近ずっとマスクしてるから自分の顔面が半分以上見えてないことを完全に失念してました。

でも今回こっちが引くほど全く剥がされなかったので、サービス精神過剰もやっぱ多少はあったと思う。推しくんもちょっと今回はゆっくりお時間取れて、って言ってたけどほんとに剥がされないんですよ…!長い回は今までで一番長く推しくんと話したと思うんですが(身内向けにメモったレポの行数がいつもの倍くらいあった)あんなにもスタッフがぴくりともしないイベント初めて…www なので逆にこっちが気を使ってしまって、言いたいこと言ったら「も、もう離れた方がいいよね…?」ってそそくさと去る感じになり、推しくんに若干名残惜しそうにされるという謎現象が起こったりもしました。

いやでもだってなんか、あんまりしつこくするのも嫌じゃないですか。一度きりならまだしも複数回行くので尚更。だから基本的にはほぼ1ターン1話題縛りで話しました。それでも結構今回は「会話のキャッチボール」とはっきり言えるくらいのやりとりが出来たので、とても楽しかったなあ。

 

今回東西とも3部制だったんですが、少なくとも私がファンになって以降の完全に接触オンリー(ライブやトークショー的なものなし)のイベントで、部が分かれてるのが初めてだったんです。なので勝手がわからず…そもそもそんなには積まないので、同じ部でループする方が良いのか各部分ける方がいいのかと悩んで同じようなイベント形態でカレイベをやってた推しのいる友人に聞いところ、その子には「絶対衣装替えあるから3回以上行くなら部は分けた方が良いよ!」って言われて(その子の推しは接触のみイベでも衣装用意するし部ごとに着替えるそうです)だから無駄に全ての部を買ったわけです。その子にもどんな服だったか教えてねー!って言われてがんばって覚えてくるね!って言ってたんですけどね。

東京の2部で、どう見ても1部と同じ服だなと気付いた時の微妙な気持ちよ…。ついでにいうとあまりにも普段着極まれりみたいな服だった

いや!推しくんは何着ててもかわいいから別にいいんだよ!!!衣装持ち込むのも大変だもんね、着の身着のままで全然いいよ!!!いいんだけど、でも着替えないって知ってたらどれか1つの部だけで回してさくっと終わるのに、なんか無駄に2時間おきに握手しにくる謎のババアみたいになってしまったのはめちゃくちゃ不本意の極みです。もちろん大阪でもお着替えはありませんでしたので、やはり2時間おき握手ババアになりました。

 

それはさておき今回の接触、お友達に会話内容メモったものを見せたら色んな人に「信頼関係がある」って言ってもらえて、まあこれは惚気なんですけど(?)それは私自身もすごく感じたことだったので(私視点のレポメモだからそう見えるってのもあるかとは思うんですが)ほぼ会話のやりとりだけを文字で読んだ人にもそう感じてもらえるくらいには充実した会話が出来たんだなあと素直に嬉しかったです。

なんかマウントみたいですが 別に「信頼」といってもそんな大袈裟なものではないですよ。私なんて全通にも遠く及ばない程度しか通えないゆるゆる地方オタクだし、散々言ってるけど若くも可愛くもないですし、推しくんの長い芸歴からしたら全然新規だし。ただ、おそらく他にもたくさんいるであろう「なんとなくでも顔を覚えてるファン」の中で、少なくとも「突っ込んだ軽口を叩いたり喜ばせるようなことを言っても、勘違いしたり厄介に化けたりしない」「返答に困るような質問や自分本意な話題を絶対に振ってこない」そして何より「役者としての自分に全幅の信頼を置いてくれている」ということを向こうもちゃんと信じてくれてるんだなという実感が、今回すごくありました。それらは推しくんのファンとしての私のポリシーみたいなものなので別にいい子ぶって意識してたわけではないですが、そうやって真摯に向き合っていればちゃんと相手にも伝わるんだなあというのを強く感じた接触だったなあと。

何が嬉しいって、こういうファンとしての信頼って私個人に対する生理的な好き嫌いとは完全に別次元の話じゃないですか。例え推しくんが私のことをあんまり好きじゃなかったとしても(実際どうかは知らん)それはそれとして「信頼のおけるファンの一人」だという事実はちゃんと両立するわけで、それをちゃんと感じさせて貰えるのというのはとても推している甲斐があるしファン冥利に尽きるなあと思います。

 

本格的に現場に行き始めて3年半ほど。3年半って前述したように推しくんの芸歴からしたら全然新参ですけど、でももっと若手を推してる同じくらいの歴の友人知人たちは立派な古参と呼ばれているくらいの年数でもあります。ガッツというほど通ってもないけど、それでもこの3年半の現場総数を月で割ったら5回弱。3年半もの間、平均して週1以上のペースで現場行ってた(実際は直近2年の密度が圧倒的なんだけどw)わけで…まあそれで特に厄介なファンという訳でもないなら、やがてそれなりの信頼関係が生まれるのは別に不思議でも特別なことでもないんですよね。俳優とファンという1対多の関係とはいえ、やっぱり人と人なので。

なんか、そういうことをしみじみと考えたりしました。ファンとしての自己肯定感をすごく上げてもらった!

 

 

それはそうとこの手の接触を積む時に(積むといっても大した数ではないのに)いつも絶対に思うのが「●回も喋ることねえ!!!」なんですけど、実際推しくんと対面すると意外と話すことあるし、終わった後「あーあれもこれも言いそびれた!」って毎回なるので不思議…

でもまあ私みたいなコミュ障はちょっと喋り足りないくらいが丁度良いのかな!

 

現場が終わりましたよ

こんにちはわたしです!

 

 

まずは舞台「鬼滅の刃」、全20公演お疲れ様でした!!!

いやー、数点もうちょっとコレなんとか出来なかった!?と演出面に思うところはあれど、総じて素晴らしい舞台だったなあ。『舞台』と名乗りつつ歌ったことに驚いてる人結構見かけたけど、ネルケではよくあることなので()多分歌うんだろうなと思ってたのでそれ自体は気にしてなかったです。(その件については、早い時期に推しくんもすえみつさんも言ってたし)

にしても思っていたよりもがっつりミュージカルでしたね!なんていうかザツに表現するなら「鬼滅の刃という漫画でもしもネルケがミュージカル作ったら絶対あるある大喜利」のネタを寄せ集めたみたいな、そういう意味でこちらの期待を一切裏切らなかったみたいな作品だったな〜と思います(笑)ミュージカル自体に抵抗のある人はともかくとして、テニミュや刀ミュで育ってきた人間にとって2.5次元舞台を観ていると「ここ、この盛り上がり方は絶対歌うでしょ!」ってポイントあるじゃないですか(?)実際に歌うかどうかは別として。そこで綺麗に100%期待通りの歌がフェードインしてくる、それが舞台鬼滅の刃でした。いやーほんと全曲大好きだったな…もう明日CD出して欲しい。(明日)

出演者のみなさんが若手からベテランまで総じて「職人」でしかなくて、経験浅い人も含めてよくこれだけの人材集めたなあ。

推しくんも界隈では色んな意味で目立つ俳優なのであまりその部分に注目されないですが、役者としてはかなり職人気質な人なんですよね。今作ではそういう部分が遺憾無く発揮されていたなと思います。地味な工夫や努力がすごく生きていて、ここへ来てまた新たな引き出しを見せてもらえるのは本当にファン冥利に尽きるなあと。

まあ詳しい感想は後日別記事で。

 

 

ぶっちゃけ最初はあまりの取れなさに見る前から虚無オブ虚無って感じでしたが、結果的になんだかんだで5公演観ることが出来ました。正直そこまで観るつもりはなくて頑張って増やしすぎたなと一公演は取れなかった知人にお譲りしたのに、何故か増えてるっていうね…いつものパターンですね…。でもまあ今回先行があんだけ取れなかったわりには当引とキャン待ちはわりとヌルかったので、最後まで本気であればおそらく1公演も観れないことはなかったかなあと思います。思うけど、やっぱそんな直前まで1枚もチケットないと安心出来ないじゃないですか…。

ちなみに私は高額転売は買わない主義なので(別に正義厨でもないので他人が買うのはどうでもいいけど私が推しの事で関係者以外の人間を儲けさせたくないだけ)「チケット頑張る」と言っても、まず最初からほぼ全公演を対象にして取れたところに休みを合わせるだとか、有料先行積むとか友人に協力頼むとか手持ちカードとの交換で増やすとか…まあ人気作の多ステそのものに色々文句言う輩がいるのはわかるけど、少なくとも規約上は合法の範囲内で最善の手を尽くしているだけです。努力です努力。

努力なのだけど、つまり『合法の範囲内』ということは何をどう頑張ろうと最後に勝つのは結局なんですよ。協力してくれた友達も含めて当たるかどうかは自分の運。条件の合う交換が見つかるかどうかも運。当日引き換えをもぎとったのは7割くらいは実力ですけど、でもやっぱ結局は同時刻に発売するもののラインナップだとか同じ日程を求めてる人の人数だとか、ネットの繋がりやすさとか店舗アタックOKなら発売時間に端末が確保出来るかとか、そこは運ですしね。

結局運だよ運!徳を積んだ人間が勝つ!あと神頼み!!

 

まあそんな感じなので、幸い今のところはどの作品でも最終的にはゆるくないゆるおた*1がそこそこ満足出来る程度の回数は入れているので本当にありがたいなあと思います。

推しにあまりにも人気の作品に出られると、毎回「今回こそは1公演も見れないかもなあ…」とか思うんですよ。そしてガチでそれが続くなら担降りの可能性もあるのかなあって思ってます私の性格的に。今年も早々から、人気作や共演者が原因で全然取れないという現場が続いて正直だいぶモチベ下がってたんですが、なんだかんだで結果的に今のところどこにも顔は出せることになってるので、なんか今後もこんな感じでゆるゆるとおたく続けて行けるといいなあ。

推しももうあの年齢ですし(見えないけど)私がチケット取れないような人気作にメインキャストで選ばれるのは、ファンとしては素直に嬉しいなと思うんです。去年色々あったのもあって、それでも呼んでもらえるのははっきりと役者としての信頼度の高さだと思いますし。

でもそれと私が行けるかどうかは別問題なので!!!!他人のお気持ちなんて知らねえ!!私は違法でない範囲で私が行きたいものに行きたい回数入りたいんじゃ!!!!!!

 

チケットと言えば某エー……のあれですけど、別にこちらは公式の提示したルール内で頑張るだけですので本人確認するならするでもういいけど、やり方があまりにザツすぎてとりあえず転売ガーって騒いでる層を黙らせられたらいいやみたいな感じがすごくモヤモヤする〜。同行者システムなんて友達とのすり合わせがくっそめんどくさかったし、ここまでするなら正直これいる?????としか思えなかったです。中途半端に抜け道ある方法残してまで連番にこだわるより、単番で8公演申し込ませてくれる方がよっぽどお互い楽だし良くない?その方が安易な転売は防げて本当に行きたい人が当たる確率も上がるんじゃないの?世の中そんなに一人で舞台観れない人間多いのでしょうかね…。生殺与奪の権を他人に握らせるな!!!(?)

まあここまでしたらさすがに倍率もだいぶ下がろうかと思うので、友達との連番も含めて1公演も当たらないってことはなさそうかな〜と思ってるんですけどどうかな…。貧乏ゆるおたなので当たりまくってもそれはそれでしぬけど、今回マジで予想つかないのでとりあえず最速の結果出るまでビクビクです。

 

 

もうね〜年末年始にも散々言ったけど、チケット関連で病まないっていうのが今年の最大の目標なので、がんばってというよりがんばらなくてもゆるおたになれるメンタルを育てていかないとなあ…と、激戦舞台を終えて激戦舞台を迎えるタイミングで改めてしみじみ思うのでありました。

 

*1:これに関してはまた改めてブログ書きたい。なんていうかこのあたりの層に対する呼称が欲しいよね!って話です

年が明けた近況

こんにちはわたしです!

あけましておめでとうございます。(12日やぞ)

 

一年経つのはあっという間なのに、年明けてからまだ二週間も経ってないの!?ってビックリしてしまいます。

 

年始のわたくしは、早々に仕事をしたり推しくん初めしたりアニメを見たりドラマを見たりしていました。

正月何してたのかあんま覚えてないんだよね!ただステフェスのLVのあと友達とスパ銭いってファミレスで新年会してそのまま初詣に行ったと思う。いうて3日に仕事始めで4日にはもう初現場でしたので、ガチで休んだの2日だけなんだよな…。

そういえば今年なぜか例年に比べてやたら何度も初詣に行ったんですよね。なんか出かけたついでとかにフラッと神社にお参りに行く機会がやけに多かった。いやよく考えたら1回目以外は初詣ではないよな…『初』の『もうで』だしな…あんまりあちこちお参りしてもさもしいと思われるんだろうか、って思ったけどそんなこと言い出したら八十八ケ所巡りとかなんやねんって感じですもんね!神様同士の相性とかあるらしいけどそんなことはうるせーーーしらねーーFINAL FANTASY

でも皆中稲荷さんにも東京大神宮にも長らくいけてないのでそのうち行かないとな〜。

 

そういや推しくんが某芸能の神様でおみくじ引いたら大吉だった!とはしゃいでいたので(かわいい)その芸能の神様にお礼にも行きました。芸能の神様なので、自分のことではなく推しくんの商売繁盛と無病息災を願って来ましたよwめっちゃ優しくない?(自分で)いやおみくじは大吉だったかもしれんが年末散々だったからね…もう30なんだから今年は一年元気に過ごしてほしいものです。

引いたおみくじは末吉だったんですが、内容はわりと全項目大吉並みに良いことが書いてあって、でもその全てが「人のために行動すれば」という前提がついてたんです。ハッハーンこりゃ推しくんのためにお参りにきた私的には実質大吉なのでは?って思いながらそのへんに結んできました。

 

年始一発目の現場は二日続きだったので、上記の大吉の話をしていた現場は二日目で本当の初現場はその前日の接触でした。結構元気そうだったしインフルの補填のつもりかわりと喋る時間もらえるみたいだったので、カレイベ中止決まった時わたしもう東京向かってたんだよね〜wくらいちょっと笑い話っぽい感じで言ってやろうと思って身構えてたんですが、顔見た瞬間の反応がめちゃくちゃ可愛かったので秒で許した。(チョロ)

まあ推しくんだって相当ヘコんだだろうしかわいそうだからね…wって言ったら「やさしいな!!!!!!」って友達数人に同じ反応をされたの笑ったけど、別にやさしくはないでしょwww

 

petのアニメが出来がよくて、まあ待った甲斐があったというか初見の人には一番わかりやすい作りになってると思う!原作は名作だけどちょっと理解しづらい話だし、舞台は忙しい人のための以下略ってとこあったので、アニメもまあダイジェスト的な作りではあるんだろうけど今のところ脚本も演出も作画もいいな〜。黒バスのオタクなのできーやん氏やおのゆー氏と同じ画面から推しの声が聞こえてくるのわりとジワジワきている。今期は面白そうなアニメが結構多いので楽しみですね〜

 

あと最近の話でいうと、推しくん関係ないんですけど、舞台はわりと虚無呼ばわりされてた八王子ゾンビーズのドラマがめっちゃ面白くて好き!いやドラマとして出来が良いかは正直アレというか、あれをドラマと位置付けていいのか?ってのが微妙なとこだけど、何も考えずに笑えるしなんかクセになるんですよね。ゾンビたちみんな可愛いし面白い!ゾンビーーーズクエスチョーーン!!

1話見た段階で映画見たくなったし、なんなら舞台もちょっと興味わいたくらいなんだけど、まあそれはそれとしてあの感じのノリをいきなり舞台でやられたらポカーンとする気持ちはわかります…w いや実際どういう舞台だったかは知らんので見当違いのこと言ってるかもですが!でもちょっとタンバリンシャンシャンしたかったじゃん!?って今更思ったりしました。

ドラマといえばチョコせ…………いや何も言うまい。あの監督とはそもそも合わないんだよな…

 

そして今は鬼を滅するあれをまったり待ってるところです。

年末にも再三言ってたように今年の目標は「ゆるおたになる」なんですが、なんだかんだ年末の虚無東京旅行でなんか結構冷めたというか。冷めたってのは推しくんへの気持ちがではなく、なんていうかオタクとしての意地みたいなもの?がちょっと萎えたかなと自覚しているので、今年はもうちょっと適度に現場減らしていけるかな〜と思ってます。今だけかもしれんけどね!

 

そんな感じで今年も読んでも特に何の実りもないこのようなブログですが、2020年も推しくんともどもどうぞよろしくお願いします。

納め損なった話

こんにちはわたしです。

今日は推しに会って、そして明日で推し事納めている予定でした。

 

………………。

 

 

いつも通り前日夜に夜行バスで出る行程なら回避出来てたんですよね。午前中に仕事納めして、東京行きの昼バスに飛び乗って呑気にSA満喫したりうとうとしたりしながら東京向かってたら、マネさん垢からツイート通知が…。

 

《お詫び》
急な発表で誠に恐縮ですが明日あさって開催予定のカレンダーイベントが急遽延期となりました。

 

………なにて????????

いや私今!ナウ!!そのカレイベのために東京向かってるんですが!?!?wwwwwwwwwwwww

 

インフルねーー!!ほんっと…いやーーー今年はやらかしも不可抗力も含めて色々あったけど、最後にすごいのきたなー!としか言いようがない。なんかもう脱力感がすごい…。

言いたいことは山ほどあるしさすがにお花畑で心配です><とか言う気にはなれないけど、まあ傷病は仕方ないし、座組に直接迷惑をかけるような時期じゃなくてよかったねと思います。

たまたま偶然ごく一部の地方オタクが「今年最後だしちゃんと見た目整えて会おう」と珍しく余裕持って前日入りしたせいで交通費と2日間を無駄にした以外は、各書店さんとプレガにくらいしか迷惑かかってないしね!でもカレンダー年内にほしいし振替日荷物減らせるしと思って書店にカレンダーだけもらいに行ったら、店員さんにめちゃめちゃ謝罪されてしまって逆に申し訳なかった…。ほんと平謝りって感じで、仕方ないこととは言え書店さんなんて何ひとつ悪くないし迷惑被った側じゃないですか〜…そんな謝んなくていいよ…。

あとは人にうつしてないと良いなあ。もしかしたら稽古で貰った可能性もあるから同時に罹患してる人もいるかもだけど、タイミング的に最初に罹患公開する羽目になったのが推しくんだからこの後誰か共演者がインフルになったらなんか推しくんのせいと言われそうでそれもいやだし。

 

マジで長年オタクやってて数え切れないほど東京来てるけど、いまだかつてこんなにも虚無だったことない!!!せっかく暇になったんだから遊んでもよかったけどマジでなんの気力も沸かなくて、書店でカレンダー受け取っただけで終わった…。

でも夜にフォロワーのブロガーさんとごはん食べて愚痴聞いてもらったり謎に実りのある話をしたり出来たので良かったです。やっぱり一番話してて楽しいし実にもなるのは、おおよそ同じくらいのテンションで推し事してる他担さんだなあと思いますね…

 

それにしても、そもそもここで推し事を納めたかったから、ステフェスも先行全滅した時点でさっさと諦めたし松ステのあとの週末都内現場二週干したのにまさかのここで推し事納め損なうとかこんなことある?????結局12月頭の松が納めになっちゃったのほんとウケる。

 

そんなわけで今年の現場がいつのまにか終わっていた話でした。